全事業場が「建設業労働安全衛生マネジメントシステム(COHSMS=コスモス)の一括認定を取得しました。

2015年1月29日、全事業場が「建設業労働安全衛生マネジメントシステム(COHSMS=コスモス)」に適合した事業場として、建設業労働災害防止協会(建災防)より一括認定されました。

本システムは、厚生労働省が平成11年に制定した「労働安全衛生マネジメントシステムに関する指針」に則り、建災防が建設業固有の特性を加味して構築した労働安全衛生に関する管理システムで、建設業を営む企業が経営管理の一環として組織的・体系的に行うものです。

本システムを事業者自らが構築し、自主的に安全衛生管理活動を継続していくことで @事業に潜在する災害要因の除去・低減、A労働者の健康増進と快適職場の形成の促進、B企業の安全衛生水準の向上を図る狙いがあります。

弊社はセンサーメーカーではありますが、自然災害対策を社業としている性質上、自然河川や土砂災害が発生する可能性がある、特殊な現場での機器設置・調整作業が伴います。

これまでも弊社はゼロ災害で社業を続けてまいりましたが、今後より一層の安全体制の強化および安全意識向上のために、コスモスを導入することといたしました。弊社特有な現場においても、本システムを活用し、事故や災害の未然防止に努める所存です。

私ども拓和は、お客様から「拓和に任せておけば安心だね」と言っていただけるよう、これからもどのような現場においても安全を第一優先とする、事故や災害を起こさない会社として、精進を重ねてまいります。

詳細は以下のホームページをご参照ください。

http://www.kensaibou.or.jp/

 

 日刊 建設工業新聞より(2015年2月5日発行)

 


 

お知らせ一覧へ

ページトップへ