作業支援ロボットスーツ『 HAL 』を、新技術開発センターの作業現場に導入しました。

弊社の生産拠点である新技術開発センターでは、社員のおこなう重量物取扱い作業による腰への負担を軽減し、労働災害を防止すること、および作業効率の向上、の2点を目的として、サイバーダイン社(茨城県つくば市)の作業支援ロボットスーツ『 HAL 』(腰タイプ)を作業現場に導入しました。

腰に不安を持つ社員のみならず、高齢の社員や女性でも重量物を扱う作業を担当することができるようになり、社員の仕事の幅が広がり、生産性を落とすことのない生産拠点が実現するという導入効果を見込んでいます。

 

拓和では職場環境改善のため、これからもさまざまな取り組みを続けていきます。

 


 

お知らせ一覧へ

ページトップへ